FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kamorenatsuko.blog93.fc2.com/tb.php/299-6c521fba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ユッケ    (峰の残雪)

此処の所 放射線が水や食品に及ぼす影響が

怖くて戦々恐々とした毎日を送ってきたのだが

もっと怖い事がおこった。

ユッケを食べて死者が出たり重病者がまだ何人も

いるとは・・・

我々 アラ還世代子供の頃 関東においては牛肉は食べ

られなかった。

肉屋さんの店頭に並んでおらず 豚か鶏がふつう

でありスキヤキは豚肉で作るものと思っていた。

大学に入って東京に出てはじめて神戸出身の先輩に

本場のすき焼きを作ってご馳走して貰い

牛のすき焼きとの初対面となった次第である。

その後学生時代のアルバイトで電話線のケーブルを

敷設する仕事をしたことがある。

その会社はお会式で有名な高円寺の妙法寺の裏手に

あり高円寺名物の阿波踊りのパレードが始まったのは

丁度その頃であり まだ閑散としていた記憶がある。

仕事は3600回線という太いケーブルを深夜の

東京のあちこちに出没し車の往来が減ってきた頃

車止めのマークを出しマンホールからマンホールへ

所定の穴を通して引き入れるという作業の補助であった。

赤坂の溜池の交差点や六本木のアマンド辺りは

マンホールがとても多い地域であり 何度も

足を運んだ思い出がある。

空がうっすら白みかけた頃ラーメンを食べて会社へ

戻り宿舎で熟睡し 雨の強い日は急遽取り止めとなり

皆で麻雀をしたりTVを見ながら酒を飲んだり。

その頃TV番組で10週勝ち抜き歌合戦というのを

やっており こいつ旨いねと皆がいっているうち

あれよあれよという間に勝ち抜いたのが

まだ別の名前を名乗っていた頃の 五木ひろしだった。

 妙法寺の近くに焼き鳥屋があり ふところが暖かい時は

友人と連れ立って小さな小汚いその店の暖簾を時折くぐった。

そこの店主のじいさんの勧めで生まれて初めて

生肉を食べた。 これは旨かった。

それは鯨の肉であり体の中の奥のほうに筋肉や脂肪が

つかない柔らかい部分があり 大きな鯨一頭から

ほんの少ししか摂れないとても貴重な物であるという

説明であった。

その時の味が忘れられず その後焼肉屋へ行くと

ユッケはよく食べた。牛であればレバ刺しも好物である。

ユッケは何処で食べてもおいしいのであるが

鯨には勝てないなと思っている。

おそらく貧乏学生の頃初めて食べた味が強烈であり

今改めて食べたら牛の勝ち と言うことになるのかも

知れない。

いずれにしても牛の場合も体内の一部分に筋肉の

つかない柔らかい部位がありその部分のみが

生でユッケとして食べられるものだと ずっと

思っていた。

今回の事件でユッケ280円と知り超ビックリ。

年のいったユッケ好きの人間は280円と聞いただけで

決して注文しようという気をおこさないであろう。

安ければよいだろうという価格破壊競争はもう

やめてもらいたい。

悪貨は良貨を駆逐する。の例え通り安かろう悪かろう

という物が世に氾濫し過ぎている。

我々が中学高校生の頃テトロンというような名称の

化学繊維で出来た学生服が売り出されはじめたが

純毛製品もまだそれ程高くはなく半分位の生徒は

カシミヤを着ていた。

ちなみに私が着ていた学生服はドスキンであった。

カシミヤやドスキンがかなり高級な品であると

知ったのは大分大人になってからの事であった。


長くなってしまったが皆生肉やユッケは
なるべく食しないようにし 鰹や鮪の
刺身は良く焼いてから食べるようにしよう。








スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kamorenatsuko.blog93.fc2.com/tb.php/299-6c521fba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Extra

プロフィール

nacchan

Author:nacchan
カモレの太鼓

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。