FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になっている事  (峰の残雪)

気になっている事が二つある。
最近 頭にこびりついている事を先に書きたい。
誰も読んでくれなかったとしても
ブログにアップする事は頭の中のモヤモヤを
飛散霧消させる効果がある という事が
最近分かってきた。
 精神衛生上ヨロシーかも知れない。

その前に毎日話題沸騰の民主党の代表戦であるが
小沢一郎が有利な展開になってきた今
各マスコミの民主党批判がカエルの合唱になってきた。

自民党時代 時の総理や権力者が首班指名し
代表戦が行われないとマスコミはこぞって
非民主的であると大騒ぎしたものである。
小渕恵三さんが脳梗塞で急死した折
次の森内閣は密室で決められたと 大分攻撃され
森さんが辞めるまで重箱の隅をつっつかれたようである。
田中角さんのロッキード事件の時椎名裁定で登場した
三木さんも角さんを刑事被告人にした後
なんにも出来ない政策のない人という
レッテルを貼られた。

民主主義の根幹である 誰もが手を挙げる事ができる
政治が一番の筈である。
今民主党はそのように代表戦を 行おうとしているのに
マスメディアは異を唱える評論家ばかりを登場
させている。
各評論家はここぞ名前の売り処と権力に擦り寄った
発言を繰り返している。
 ここで言う権力とは政権政党である民主党ではなく
自民党の復権を願う財界やマスメディアのトップ
又官僚たちである。
無理無理 検察は小沢一郎を政治資金規制法にて
起訴したかったのだが白旗をあげることとなった。
今まだくすぶっているのは マスコミに作られた
灰色を信じざる得ない一般人の入った審議会による
再審であり 問題にはならないと思う。

私も詳しくは読んでいないのだが この辺の事情は
週間朝日の編集長の山口一臣氏の主張が 一番
正しく公平に感じられる。

小沢一郎が出馬するとはビックリである。
自分から秘書がお騒がせしたと表舞台から
身を引いたばかりなのに。
 以前の自民党の宮沢喜一さんと似ている展開でもある
ように見える。
本人は一番の表舞台は余り出たくは無いのだろう。
しかし小沢みこしを担いでいる連中は年齢を考えると
早く出てくれという事かもしれない。

私は菅内閣誕生のおりは菅さんに期待していた。
しかし不得意分野である財務大臣を経験し
財務官僚に大分ネジを巻かれたようである。

先々の消費税のアップ問題は必須としても 参院戦の
前の発表は禁句であろう。
菅さんの真意は5年後位には税率をアップして という
事であっても反対側にいるマスコミが そのような
親切な報道をしてくれる筈がないであろう。
情報戦においてはまるで子供である。
 大石蔵助を見習って貰いたいものである。
それとオバマのとったアメリカの大金融緩和策である。
それに因る 円高がこれほど進んでしまっているのに
手の打ち方がまるで遅いという事である。
 先日アメリカは金融緩和政策の第2弾を発表し
やっと菅さんも慌てだしたようである。

過去のバブル崩壊を経験してきた日本としては
金融緩和の怖さは十分分かってはいるが
日本丸が沈没してからでは間に合わないのである。

現にうちのカミさんの勤めている会社は
製品の輸出会社であるが 受注が半分に減って
しまっているそうである。
そして一度海外の企業にとられた取引先を少々の
円安になったからといって取り戻すのは
至難の業であろう。
 取引先の企業も日本の総理大臣の動向を
しっかりと見極めているという事です。

菅さんは総理大臣になるのが夢だった人。
日本全体をどっちに向かわせようというビジョンの
明確さが足らなかったのでは・・・・

一度引退を表明した 鳩山さんが臆面もなく
自分が色々批判されるのは百も承知の上で
代表戦に顔を出して 行動しているのはかなり
勇気のいる事であり 菅さん支持を口にしていたのに
今度は小沢支持を打ち出し批判されているのも
菅内閣に対する不安感の表れであろう。

鳩山さんは父(威一郎)が出来なかった総理の椅子に
祖父(一郎)に続いて座り 政界引退を明言し
後は 幸夫人と海外旅行でもしてノンビリと
暮らしたかったのでは無いだろうか。  少なくとも
夫人はそう思っているだろう。

回りや後に続く人達がなかなかそうはさせてくれない
のであろう。
小泉さんはキッパリと身を引いて流石ともいえるが
子供のデビューというオチ付きでもある。


官僚主体の政治の打破には 豪腕小沢投手のリリーフ的な
使い方も必要なのではないだろうか?
 本当に豪腕なのか 実はヘナヘナ球なのか一度
見てみたい気がする。

前おきが長くなってしまって 気になっている事が
書けなくなってしまったので もう少しの間
気にしながら毎日を過ごす事にしよう。


 
スポンサーサイト

ついにきたかよちよちあるき期

題のとおり、です★

今までは4,5歩、前のめりに最後はなだれ込む・・・という歩き方でしたが、
今日は、確実に、姿勢正しく、ゆっくりじりじり歩いています★
本人も嬉しいようで、沢山歩けたあとはきゃっきゃ と大喜びで、ママに抱きつき、肩をかじります。青あざができます・・・。

ちょうどパパ休みでパパも目撃できてよかった。

パパは仕事の疲れからかまたまたのどがはれて、声を発せずに喜んでおりましたが。

最近のゆうくん
・うちではかったら体重は服着て10.7キロ。そういえば身長は81センチ弱だけど、母子手帳みたらかなり大きいということが発覚。平均成長グラフからはみだしてた!!誰も大きくないのにハテナ。
・はしかの予防接種受けた。
・目 鼻 口 はどれ?ときくと、それをさすように。
・ウサギというと、手を頭にあてる。
・パパの帽子やめがねをかけようとする。
・スプーンをもって自分で少し食べられるように。
・うんちのオムツがえの際、寝かしても嫌がらなくなった。
・離乳食、更によく食べるように。
定番メニューは 朝、いちごジャムの食パン 昼、しらすや鮭&小松菜やブロッコリーなどのおかゆ
夜、ハンバーグ シチュー ミートソーススパゲティ じゃがいものおやき など。おかゆは4倍かゆくらい。

おやつは バナナ。絵本でバナナをみつけると目を輝かして「バババ!!」バナナを食べたくて仕方なくなるようです。

今大好きな遊びは

マットレスいかだごっこ。折りたたんだマットレスの上にゆうくんがのり、ひょっこりひょうたん島を歌いながら揺らしたり、頭にマットレスかぶせたり(大波をイメージ)。

あとは、ソファバスごっこ。ソファにゆうくんがのり、ソファごと、動かす。

あとは かえるくんハウス。

かえるくんの家を作ってあげて、ベッドで寝かせたり、車に乗せたりして見せると、真似して遊ぶ。おままごとみたいな感じです。

あとは、ピンクパンサーごっこ。

たら たら たら たら たら らーらら といわくありげに近づいていくと、

最高に喜ぶ。しかも、しかえししてくる!! (ダンダン!!っと、威嚇しながら寄ってくる。)

あとは相変わらず絵本大好き。読んで、ともってくる。中川ひろたかさんのシリーズが今はお気に入りです。


とまあ、このような感じでもうすぐ1歳2ヶ月です★




這えば立て 立てば・・・・     (峰の残雪)

今年も無事に夏キャンプが終わった。
 
6年目にして初めて目の前のキャンプサイトに
2組の家族連れがテントを張っており 少々
とまどってしまった が前の家族の子供達が
両親ともども一緒に楽しんでくれて
とても良かった。
 昨年のようなライヴショーを楽しむ時間が
減った分 久し振りに会った友達同士 又
初参加で初対面同士が 語り合える時間は
その分多くあり良かったのではとも思える。

Ma~Goの初参加もあり 我々年寄りは早目に
ペンション「せせらぎ」の方へ、もう少しキャンプ
気分を味わいたいと言う思いを残しつつ
足を向けた。
 私の場合過去5年 毎回次の日は二日酔い
状態であり帰りの運転はバービーまかせが多かった

のですが 今回は車が少々大きめの為
飲みすぎ厳禁であり そのお陰で二日酔いせずに
済み 良かったようである。

マザー牧場は私の父の退職記念に2泊3日で
家族旅行をした折に一度訪れ 子供達は
4歳と2歳であった。(30年前である)
2度目はカモレメンバーと5年程前に遊びに来て
その帰りに夏はキャンプでも行くか? 行こー
行こー。 で始まって今年で6回目となった。
 「光陰矢のごとし」 である。

マザー牧場は前回来た時バンジージャンプの辺り
には他に何も無く閑散としていたのだが
ゴーカートやら様々なアトラクションが出来て
おり人が沢山群がり そのせいかバンジーにも
人が並んでいるという盛況ぶりであった。
 ここで残念だったのは カホカホさんと
なっちゃん シャネルが果敢にバンジーに挑戦した
飛びっぷりをカメラの故障で動画に収められ
なかった事である。

Ma~Goも皆が心配した 虫さされ 長時間の車
での移動 他諸々の案件は杞憂に過ぎ 
きゃっきゃっと喜んでいる事の方が多く
一緒に行って良かったという思いを強くしている。

「這えば立て 立てば歩めの 親心」 であるが

「這えば待て 歩めば座れの 爺心」 というのも

正直あるものである。

帰り 娘とMa~Goが東金に寄って一晩泊まって
行くこととなった。
その晩初めて何処にも掴まらずに5,6歩あるいた
のです。
全員 歩イター 歩イターの大騒ぎになったのだが
私には そんなに大急ぎで成長してしまわず
いつまでも可愛いままでいて欲しいという
爺心があり それが通じているのだか分からないが
その後まだいっこうに一人で何歩も歩いたり
してないようである。

何事においても 人生 「Walk Don,t Run」で。

      
     








昨晩より

バービーが来ています。
やはり一人でないと楽です!!
しかもバービーとゆうくんの相性が抜群で、ゆうくんは終始笑いまくり★
安心してシャワー浴びたりできた。

さて。最近のゆうくん今までより更にめきめき理解力進んでます。

・櫛で髪をとかす
・いいこいいこして、というと頭をなでなでしてくれる
・ないないして、というと、たいていのものは箱などに入れる
・葉っぱを指差し、はっぱ らしき発音す。
・ぞうは?ときくと、ぞうのぬいぐるみを探す
・こちらの発音をまねて、しゃべろうとこころみている
・お風呂はいろうというと、風呂場にいく 風呂大好き。

などなど。もうだいぶ、こっちのいうことわかってきました。

しかし、あんよのほうは相変わらずまだ。

正確には5,6歩たまーに歩きますが、怖いのかすぐママに抱きつき。また伝い歩きに。

昨晩は興奮したのかなかなか寝付かず、最後はパパに絵本を何回も読んでもらって、ようやく満足したのか夜中の一時に寝たのでした。トホホ。





人生初キャンプも終え

みんなにゆうくんをあわすことができてほっとした。

はじめて会うひとたちもみんな素敵なひとたちで嬉しかったな。来年はもっとゆっくりおしゃべりできるといいな。

キャンプ場では一滴も飲まずゆうくん命に徹してくれたパパにも心から感謝でした。

夜の音楽会は少しだけ見れたけど、あんぱんまんにさんぽ、カントリロードなど、こどもフェスになってて、楽しかった。しゃねるはすごいね。こどもプロ。

りんぺいの不思議な絡み方もよかったなー。来年になったら、もっとゆうくんも楽しめるだろうな。

さて、都内に帰ってきて。

とっても楽になりました。何がというと、育児がです。

もちろん、これから走り回ったり、危ないことしたり、魔の三歳を迎えたりするのですが。

新生児期~乳児期特有の「なんだかわからないけどいつもはらはらする」不安な時期を乗り越えたようなのです!!

まあ、ゆうくんが離乳食だいぶ食べるようになったのがでかいですが・・・。

出産の痛みも完璧に忘れました~。次は立会いでなく、一人でもけろっと産めそうです!!

乳児期育児の大変さも忘れましたし。まあ、うちの場合、めったに泣かないので、周りのママさんに比べればつらかったのは腰痛くらいで、あと離乳食食べないくらい・・・。

とにかくこうやって、人はまた、赤ちゃんほしいーー★という気持ちになるのだなーと実感しております。ほほほ。



ひとつ面白いなと思ったことがあり。

つい最近自然分娩と帝王切開とどっちが大変か?という話を見ました。

要は帝王切開の人が「楽でいいわね」と言われるのが癪だとのこと。

どちらも経験してる人にどちらが大変だったか訊いてる記事でした。

大体のひとが「帝王切開のほうが大変。手術のあとが、とっても痛い!」という感想でした。

それを見て、またまさに人体の神秘を感じました。

陣痛って、覚えていたら狂ってしまうくらい痛いものだからなんとかいうホルモンが出て忘れるようになってるらしいんです。

一方帝王切開は、手術。手術の痛みや術後の苦しみも、自然のものではないからだから忘れられないんですね・・・。

面白いなー。本当に!


最近メモ というか1歳1ヶ月メモ

あと数時間で一歳一ヶ月でしたーー。

最近メモ
・電車をみて ガタンといいたそう。だだんとか言ってる。バスは バ と自信満々に言ってる。
・積み木をつめるようになった。
・積み木などがうまくいかないと不満を訴えるようになった。
・また鼻かぜをひいた。なのであまり出歩かず。家でおとなしく(はないか・・・)している。
・でんでん太鼓を指差す→私がでんでんでんと歌う→でんでん…と一緒にうたってるかのようになった。
・カモレのセカンドでもかなり激しく踊った!!上半身を交互に揺らすので少し見た目が変・・・。 ※バンビなど速い曲。
・離乳食は相変わらず柔らかめを好む。柔らかいおかゆに、野菜、魚等を細かくしたものを混ぜてが主流。
・自らがいなくなり、ばあ と出てくる遊びをするようになった。こちらが いないない・・・というの  に合わせて隣の部屋へといなくなってくれる。少しためてから勢いよくばあ と出てくる。これは面白  い!
 
とまあ、こんな感じかなあ。一週間後ゆうくん人生初キャンプです。楽しもうーー。

突然ですが、想像力の欠如というのはまことに恐ろしい問題だと思う今日この頃です。ネグレクトのニュースとか見て。いつか詳しく書いておきたいな。
復帰したら想像力を養うような授業をできる限りしていきたいと思いました。



Appendix

Extra

プロフィール

nacchan

Author:nacchan
カモレの太鼓

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。